ブログ

恋愛で受取上手な女性は愛される

遠慮しすぎていると返って相手にイヤな気持ちや悲しい気分にさせてしまうことがあります。


例えば


男性に褒められた時
「お綺麗ですね」
「いえ、そんなことないです!(全力否定)」

褒められると嬉しいと思う人の方が多いと思います。
ですが、褒め言葉を受け取ると自意識過剰とか思われるんじゃないか・・・
など考えてしまいと全力否定してしまう。


これは相手の思ったことを否定しているのと同じです。
褒めてもらったら素直に受取りお礼を伝えましょう。
「ありがとうございます」
もし抵抗があるならお礼の後に、相手の良いところも褒めてみてはどうでしょうか。
そうすればお互い様になります。
褒められて恥ずかしいならそのまま照れた感じも出すととてもかわいらしく見えると思いますよ。


デートのお会計
男性が財布を出してお会計している最中にあなたはお財布を出して
「いくらですか?」
「僕が払うからいいよ」
「いえいえ、私も払います(必死)」

こんなやりとりしていませんか?

せっかくの男性の好意が台無しです。
男性に傲慢だとか思われたくない気持ちや、
謙虚なつもりで自分も出しますと言っているのか・・・


この場合は男性が「いいよ」と言ってくれているので
「ありがとう、ごちそうさまでした」
と好意を受取りましょう。

男性はあなたにかっこいいところを見せたかったのかもしれない
あなたに喜んでほしかったのかもしれない
デートのお礼のつもりだったのかもしれない

その好意を断ることは男性のプライドを傷つけてしまっている可能性が!


好意を素直に受取ると、
「○○がすごく美味しかったね」
「また一緒に行きましょうね」
「次はこんなお店に行ってみたいな」
などなど会話も弾むし次のデートにもつながるかも♪


お土産をもらった時
これは私が実際に体験したことです。
旅行に行ったので友人に喜んでほしくてお土産を渡しました。
「えっいいよいいよ!別によかったのに~(遠慮)」

悪気はないのは分かります。

喜んでほしくってのも恩着せがましいですが、
単純にお土産渡して笑ってほしかっただけです(>_<)

このあと受け取ってもらえたけど遠慮されて逆にお互い気を遣ってしまい
申し訳ない気持ちになりました。


これはお土産に限らず、好きな人や恋人がプレゼントしてくれた時に
同じようなことが起こりますので気を付けて!
喜んでくれたらうれしいな~という相手の気持ちを遠慮することで
返って遠慮させてごめんねという悲しい気持ちになってしまします。

せっかくなら気持ちよく受け取りましょう!


受け取り上手のコツ

思い当たる方は
家族、友人、職場などで素直に受け取ることから始めてみましょう。


お母さんがご飯を作ってくれる
友人が相談にのってくれる
男性がデート代を払ってくれる
プレゼントをくれる


すべて当たり前ではありません。


あなたのために時間をさいて
あなたの悩みに一緒に悩んでくれて
あなたの笑顔が見たくて色々お店を調べたり
どうしたら喜んでくれるかと悩みあなたの喜ぶ顔を思い浮かべながらプレゼントを選ぶ


その過程を考えてみると遠慮するより受け取ったほうが相手が喜んでくれるのが分かりますよね。


特に男性は女性が喜んでくれると嬉しくなり自信がつくそうです。
彼氏、旦那さんが何もしてくれない・・・
ではなくて受け取っていないから自信をなくしてしまっているのかも?

小さなことでも受け取り上手になり感謝してみてください。
きっとまたあなたを喜ばせたいとがんばってくれるかもしれません。


幼い男の子がお母さんが喜ぶと同じ事を何度もすることがあるそうです。
褒めるより喜ぶところが受け取り上手のポイントです。


受け取り上手は与えてくれた相手を喜ばせることになるので
また喜ばせたい、もっと喜んでほしい気持ちになり自然と大切にされ愛されるようになります。

婚活中の方、恋愛中の方はぜひ実践してみてくださいね♡


広島の結婚相談所 Marry leaf